コラム

MSCS-2B ハリオ コーヒーミルは初心者におすすめ

コロナ禍において緊急事態宣言が出てからというもの、家に居る時間が長くなったので、まったりとした時間を楽しむために、自宅でコーヒーを淹れる人達が増えてきたようです。

大きなきっかけとしては、きっとコンビニのコーヒーでしょうね。

安くて美味しいですもの。

そこから豆から淹れるコーヒーの美味しさに感動し、家で楽しむ人達が増えたのではないでしょうか。

そんな中、私がコーヒー好きと知って、コーヒーミルを買いたいのだけど何を買ったら良いのか分からないと言う相談を受けたので、インターネットで人気ランキングなどを調べると、あまりの変化に驚いてしまったのです。

現在では、一人キャンプからのアウトドアブームが来ており、コーヒーミルも、アウトドアに合った小型でコンパクトなものが多く、昔ながらの置くだけでインテリアになる様なコーヒーミルは、今やアンティークとされ、姿を消しつつあるのです。

そりゃ、選ぶのに苦労しますよ。

コーヒージャンキーで愛飲家の私でさえも、どれを選んで良いか分からないのですから、初心者の方ならなおさらですよね。

せっかくコーヒーの世界に足を踏み入れようとしているのに、簡単な説明紹介ではなく、キチンとしたものを教えてあげたいので、確認する為にお店にも足を運んでみたものの、小さくコンパクトの物はどこかチャチに見えたんですよね。

野外ならそれで良いとしても、家でしっかりと楽しむための商品としては、どこか頼りないと思うのです。

コーヒーは奥が深いので、道具一つとっても味が全然変わってきます。

なので、家でコーヒーを淹れて楽しんでみたいと思っている初心者の方々に解説していきますね。

手軽なペーパードリップ

色々な道具でコーヒーを楽しんでいる私も、最終的には便利で簡単なペーパードリップでコーヒーを飲んでいます。

結果的に人間は「楽」で「簡単」なところに落ち着く様です。

なので、手軽でお得な方法をご紹介しますね。

ペーパードリップで必要な道具

  • ドリップポット
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • コーヒーサーバー

最低でもこれだけの道具が必要です。

こだわりだしたらキリがないですので、最初は最低限でトライしてみましょう。

ドリッパーは一つ穴で

ドリッパーはヒトツ穴の物を選んで下さい。

有名どころでは「メリタ」です。

なぜ、ヒトツ穴が良いのかと言うと、お湯を注ぐためのテクニックが無くても、バランスよく抽出されていくからです。

日本で主流の三つ穴と比べると、抽出されるスピードが違う分、「コク」が出るため、コーヒーツウが好む味となります。

ちなみに、三つ穴で有名なメーカーは「カリタ」です。

コーヒーミル の特徴

構造

臼式

円錐の形をした刃が内蔵されており、コーヒー豆をうえから入れてハンドルを回すことで、そば粉の臼のようにコーヒー豆を粉砕する方法です。

手動タイプのコーヒーミルに多い粉砕方法で、コーヒーの香りや粉砕にムラがでにくいので、コーヒー上級者やコーヒー好きにおすすめの粉砕方法です。

プロペラ式

プロペラ状の刃が回転してコーヒー豆を粉砕するのがプロペラ式。電動タイプのコーヒーミルに多い粉砕方法です。

プロペラ刃なので、コーヒー豆の粉砕の大きさにバラツキが生じやすく、コーヒーに雑味が出るのが難点。

カット式

2枚の平たい円盤が回転しながら、コーヒー豆を挽くのがカット式で、電動タイプのコーヒーミルに多い粉砕方法です。

コーヒーの雑味を引き出さず、常に安定した均等なサイズに豆を挽けるので、コーヒー店などで使われていることが多い。

メーカー

カリタ (Kalita)

横浜に本社を持つコーヒー機器総合メーカーで、コーヒー好きに有名なメーカーです。
現代の生活に溶け込むおしゃれなデザインが特徴。

ハリオ (HARIO)

日本の耐熱ガラスメーカーで、初心者に対して気配りされているメーカーです。
コーヒーミルはシンプルながらも高機能なので、アウトドア好きからも人気を獲得しています。

メリタ(Melitta)

ドイツのコーヒ聞き総合メーカーで、コーヒーミル の最高峰と言われた「ザッセンハウス」も扱っています。

ザッセンハウスのミルは硬質特殊鋼製で精度が高く丈夫です。
そして刃が鋭利なので切れ味が違います。

他の素材はコーヒー豆を擦り潰す感覚に近いのですが、ザッセンハウスの刃はザクザク切っていく感覚です。

私が愛用しているもの

ハリオ (HARIO)の「ロマン」と言うタイプのミルを20年以上愛用しています。

現在は廃盤となっている様ですが、アンティーク調が気に入って購入しました。

当時の値段は7000円ほどしたかと思います。

購入後、便利と思ったところは、落下防止のために、トレイの後ろに小さな磁石が付いてあるところです。

 

現在の主流

最近では、アウトドアブームから、セラミック製の刃を採用した小型の手挽きミルが多く、丸洗いできる様になっていて、衛生的で、清潔に保てるところが特徴となっている様です。

注意点

私は、豆を砕くための構造が大事だと思っていますので、しっかりとしたものを選び、少々高くても長年使えて愛着が湧くものを選んで欲しいと思います。

ミルと豆と焙煎

コーヒーは「豆」と「焙煎」によって全然違ったモノになってきますので、お好みの「豆」と「焙煎」を探してみてください。

ミルだけを買うとアマゾンでは、2000円ほどするものが、楽天市場では、ミルとコーヒー豆のセットがお求め安い値段で販売されており、コーヒー初心者にはお得に購入できると思いますよ。

そんな中でもおすすめできそうなお店を見つけたのでシェアしておきますね。

楽天市場

■商品名「【楽天最安値に挑戦】★最新型★
コーヒーミル手動人気爆発コーヒー豆と手動コーヒーミルセット★香りの裏技
真田丸の里信州上田より焼きたて直送飛び散り防止フタ付き コーヒー豆と手動コーヒーミルセットあの人気沸騰MSCS-2Bブラック送料無料

MSCS-2B ハリオ コーヒーミルの特徴

MSCS-2B ハリオ コーヒーミルの特徴は、臼の部分がセラミックになっていて、金属部分はステンレスですので、水洗いできて清潔に保てる所です。

中心部分でしっかり持てるので、ハンドルが回しやすいのが良いですね。

滑り止めがついているので、安定しやすく、粉受け部分はガラス製で保存容器として使える所が便利です。