娯楽

室内ゲームのおすすめ(コロナ引きこもり対策)

「黒ひげ危機一髪」でドライバーを決める罰ゲーム

子供から大人まで単純に遊べるおもちゃとしてロングセラーです。

奥田民生さんが、「ひとり股旅」というビデオのなかで、車でツアー移動するにあたってドライバーを決める時に使われたのが印象的でした。

ドライバーは罰ゲームとして黒ひげの海賊に扮装して、料金所を通過するところは笑えます。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

「ジェンガ」はお酒に酔った状態が面白い

ショットバーなどに置いてあるおもちゃの中で、お酒に酔いながらすると面白いのが「ジェンガ」です。

お酒に酔っているから視点がずれ、手元が狂ってまともに出来ない姿に大笑い。

「立体四目」は負けると悔しいゲーム

勝負事は負けると悔しいですが、この「立体四目」は、その悔しさが半端なく現れるゲームです。

思い違いや見落としが、なんとも言えないほど悔しい。

なので、「死角」を狙いましょう。

このゲームの勝敗には、年齢差は全く関係ないですね。

花札「株」はハッタリを鍛えられる

花札の「株札」で、数字合わせのゲーム「カチカチ」や「トントン」と言われる遊びで和製ポーカーと言った感じでしょうか。

弱い持ち札でも、「ハッタリ」で強い持ち札の相手と戦い、打ち負かした時の快感や、最強の持ち札で、自分が弱いと見せかけて相手に調子をのらせて、鼻っ柱を打ち砕く快感は爽快です。

青春時代の年末年始はこれで盛り上がりました。

「ダーツ」のオンライン対戦で世界を狙おう!

一人でも複数人でも楽しめるゲームで、奥が深く、頭を使い、盛り上がるゲームです。

単純に高得点を狙う「カウントアップ」と言うゲームだけでも楽しめますが、陣取り合戦の「クリケット」と言うゲームが手に汗を握り、ギャラリーも盛り上がるゲームです。

競技種目でもある「501」「301」は、数字計算ができつつ、最短で詰める先読みが勝敗の分かれ目になります。

外枠から始まる「ダブルイン」や外枠で終わる「ダブルアウト」通称「ダブルイン・ダブルアウト」は、難易度が高いため「焦り」と言う自分との戦いが勝敗の分かれ目になります。

スマホと連動させて、家にいながらオンライン勝負できるので、お酒を飲みながらじっくり世界対戦するのも面白いですね。

引きこもりのコロナ対策としておすすめです。