体験と知識からくる独断と偏見の不動産概念

不動産を検討する前に読むメルマガ

このメルマガでは、住まいに関する情報はもちろんの事、私の体験や知識からくる独断と偏見の不動産概念をお伝えしていきます。

住まいを選ぶためにおえておきたい基本条件や、賃貸から購入に至るまでの経緯や結果を余すところなく紹介します。

メルマガ登録特典

メルマガ登録特典としまして、住宅展示場にいく前にしておきたい「高額ポイントがゲットできる方法」を紹介させていただきます。

このメルマガを通して、少しでもあなたのお役に立てる事が出来れば幸いです。



なぜ今「不動産」に注目するのか?

コロナ禍において在宅ワークが普及し、働き方の概念が変わり、フリーランサーが増えていくに従って、どこにいても仕事ができる環境が整った事から、住まいをリフォームしたり、都会から郊外へと移住する方が増えているのをご存知ですか?。

身の回りの生活環境を、自分好みにカスタマイズする事で、精神的な安定感とパフォーマンス向上が見込める事から、「住まい」に対して注目が集まっているのです。

今までの働き方なら、満員電車の通勤に我慢しながら出勤したり、車通勤では、ラッシュ時に渋滞に巻き込まれたり、移動に対して時間とストレスを与えられて来ました。

インターネットが普及した現在においては、世界中のどこにいても、ネットに繋がってさえすれば仕事に携わる事ができる環境が整っているのです。

いまだに「ハンコ」などのアナログ的作業があるとしても、いずれは無くなっていく事でしょう。

なぜなら、ヒトは便利で楽な方を選ぶからです。

その様な時代の流れを考えてみると、世界中のどこに住んでいても仕事がこなせると言う考えになる事は理解できると思います。

実際、ネット上のインフルエンサーなどは海外や郊外に移り住み仕事をこなしていると言う現状もあるくらいですので、遅かれ早かれその様な時代が「普通」になる事は間違い無いでしょう。

となれば、ヒトは快適な住まい空間を求めます。

そして、エコの観点からも国がエコの住まいを推進しています。

特に子育て世代の30代においては、国からの補助金が出たりと優遇されているので、住宅購入するチャンスでもあるのです。

もっと言うと、世界中で金利が上がっている2022年の現状において、日本の低金利時代がいつまで続くか分かりません。

住宅購入する意味

住宅購入は「資産」になります。
その資産に対して「投資」をするのがローンだと考えられるのではないでしょうか?

不動産を資産として捉えた時、現物資産としての価値があると言うことに加えて、インフレに強い資産であると言う事があげられます。

インフレが起こると、モノやサービスの価格が上がり、預貯金をはじめとするお金の価値が下がっていきますが、不動産は価値が上がりやすくなります。

ですから、預貯金と並行して不動産という現物を保有する事で、安定して資産形成を続けられる可能性が高くなります。

しかしながら、不動産にも値動きがありますので、デフレになれば大きく値下げしてしまう可能性もあります。

資産形成において、不動産は「自ら住む事ができる」と言う点においても注目度は高いですね。

その上、不動産は他の人に貸す事で家賃収入を得る事ができます。

このメルマガでは、住まいに関する情報はもちろんの事、私の体験や知識からくる独断と偏見の不動産概念をお伝えしていきます。

住まいを選ぶためにおえておきたい基本条件や、賃貸から購入に至るまでの経緯や結果を余すところなく紹介します。



メルマガ登録特典

メルマガ登録特典としまして、住宅展示場にいく前にしておきたい「高額ポイントがゲットできる方法」を紹介させていただきます。

このメルマガを通して、少しでもあなたのお役に立てる事が出来れば幸いです。