通信

電報を使って敬老の日に60歳を迎える方に心温まるメッセージを!

電報でメッセージを送り感動を与えよう!

敬老の日に送っていはいけない物があるとは知らなかった!

敬老の日の贈り物には、送ると失礼な物がある事をご存知でしたか?

そういった物を知らなくて、おじいちゃんやおばあちゃんに送ってしまったらとんでも無いことになりかねません。

物を送るのには価値観や好みが違うので、気に入って頂ける物を選ぶのに時間が掛かってしまいますよね。

敬老の日に何もしないわけにはいかないし。。。

かと言って、何もしない訳にはいきません。

ただ物を送っただけでは、せっかくの気持ちが相手に届かないのです。

努力が報われない時ほど、悔しさだけが残ってしまいます。
悔しい思いをしたくないから、次回はしないでおこうとすると、今度は良い関係を築きにくくなるのです。

それって面白くないですよね?

気持ちを伝えるのは「言葉」です

その気遣いをきちんと伝えるツールは「言葉」しかありません。

「言葉」と言うコミュニケーションツールがあるから相手の気持ちがわかるのです。

だからこそ、ご年配の方は何か一言欲しいものなんです。

そして、その一言が安心に繋がるのです。

ご両親の近くに住んでいて頻繁に会うことができれば、距離を縮める事ができますが、遠距離であれば、年末年始しか会う事が出来ませんし、忙しいと帰省する事すらできませんよね。

自分の両親はもちろんのこと、既婚者なら相手のご両親の事も自分の両親と同じくらい気になるものです。

良い人間関係を築くにあたっては、日頃の何気無い会話が重要になってきます。

普段から声かけをしていると、お互いの状況を把握できるし、好みも解ってきます。

データが解れば答えがおのずと見えてくるもんなんです。

なので、相手の事を知る為には、先ずは自分から声掛けする様にしましょう。

目上の方への贈り物のタブー

  • 商品券・現金『相手を低く見ていると言う印象を与えてしまいます』
  • 時計・カバン『より勤勉に』
  • 万年筆『精進してください』
  • ベルト『気を抜くな』
  • ハンカチ『布切れ=切れる』
  • 靴下・靴『踏みつけるものだから』
  • 下着『プライベートなものすぎる』

この様にして目上の方に対して失礼な贈り物があるのです。

商品選びに時間がないと言う方は「言葉」を贈りましょう。

「電報」と言うメッセージカードがお勧めです

ご両親に対して、日頃の感謝の気持ちを伝えるのに、面と向かってはなかなか言いにくいものですよね?

そんな時は、メッセージカードを利用するのが良いかもしれません。

人と人がスムーズな関係を築くのは「気遣い」しかありません。
その気遣いを表すのは「言葉」と「行動」から成り立ちます。

一言がない為に意思の疎通ができなくて、なんでもない事がトラブルになってしまう事もあるくらいです。

自分を守る為にも相手の事を気遣い、適切な言葉で声かけすることによってお互いが良い関係を築けて、困った時には助けてもらえるし、時にはわがままも聞いてもらえるのです。

特別な日にはサプライズを仕掛けて、相手に感動と驚きを与えたいものです。

それを一度に出来るのが「電報」です。

私が高校入試で合格した日、当時通っていた塾長からお祝いの電報を頂き、驚きと感動と実感が一度に来て、嬉しさが最高潮に達した事を今でも記憶に残っています。

電報を使って「真心」と「感動」を同時提供させる

今ではインターネットを使って、電子メールやSNSなどで簡単に連絡を取る事が出来てしまいます。

あまりにも簡単で、頻繁にメッセージが届くから、重要なメッセージを逃してしまうこともしばしばあります。

そんな時代だからこそ、あえて電報と言うアナログを使って見るのもアリだと思うのです。

心を動かすのは「言葉」や「メッセージ」なんです。

その文章が文字表記される事によって、何度も読み返す事ができるので、手にした相手さんに感動を与える事が出来た上、気持ちが持続するのです。

「親孝行したい時に親は無し」は「後悔」でしかないので、日頃から側に居てあげましょう。

特別に何かをする訳でも無く、側に居て喋り相手で良いのです。

敬老の日あなたは何を送りますか?

電報というツールを使って日頃の気持ちを伝えてみませんか?

手の中に収まる「電報」というアナログが心を打ちます。
年配の方には『一言」と言う「形」がある方が喜ばれるのです。

デザイン豊富でお得な電報サービス【VERY CARD】なら、全国一律1280円から350文字まで可能です。

60歳を迎える敬老の日に、特別サプライズとして、お孫さんを筆頭に家族全員の「真心」をぜひ電報を送って見ませんか?