投資

次世代ブラウザー「Brave」を使うと広告カットができて仮想通貨の資産運用もできます

 

利用者に快適な広告カットできるブラウザー「Brave」の出現で、アドセンスブログの収入は激減していくでしょう。その反面「Brave」を使う事で自動的に仮想通貨に投資する事ができるので、非常に便利です。

次世代ブラウザー「Brave」

  • 広告カットで高速化
  • 完全自動で仮想通貨投資

広告カットされる事で読み込みが速くなる

PCの読み込みが遅いなーと思ったことはありませんか?
そんな時は、ブラウザの履歴を削除しましょうと言うのが基本です。

ですが、それでもまだ重い場合は、ブラウザーごと変更してしまいましょう!

まずは、この画像見て下さい。

左側が「Firefox」の画像で広告が表示されています。

右側が「Brave」で表示した画像で、見事に広告がカットされている事が分かりますよね?

かく言う私も、長年「Firefox」というブラウザーを使ってきました。
その理由は、拡張機能が豊富だからです。

ですが、その反面、メモリーをたくさん使うので重たくなってくるのですよね。
コレが長年の悩みでした。

そもそも、PC自体が古くなってきている「iMac (21.5-inch, Late 2013)」と言うのもあるのですが、彼には、この先も老体にムチを打ってでも働いてもらわなければいけません。

そこで、コレを機にと、昔ダウンロードしておいたブラウザー「Brave」を使ってみることにしたんです。

出た当初にダウンロードしたまま使わずに放置していて、思い出したかのように久しぶりに開いて驚きましたね。

何が驚いたかって、広告カットできる上に仮想通貨まで自動投資ができてしまうと言うところです。

当然のことですが、仮想通貨に興味が無くても、利用できるので全く問題はありません。
仮想通貨に自動投資ができると言う機能は、「おまけ」程度に解釈してもらえたらいいかもしれません。

まず、「Brave」と言うブラウザーを使用して体感的に分かることは、広告カットされる事でコレだけ読み込みの速さが違うのか?! と言うところです。

この体験からブログにアドセンスを貼り付けて収益を狙う時代は終わるだろうなと思いました。

Brave adblockで広告をブロックするブラウザ
Brave adblockで広告をブロックするブラウザ
開発元:Brave Software
無料
posted withアプリーチ

Braveの特徴

利益よりもお客様のプライバシーを優先し、個人データの収集し・漏えいにつながる不快な広告をブロックします。

ほとんどのブラウザでは、インターネット上に溢れる広告を通じて個人データがどんどん吸収されてしまいます。

広告はウェブサイトの速度を低下させ、スムーズなブラウジングを遮るだけでなく、ウェブ上のあらゆる場所に出現します。

このブラウザーと連携されている「BAT」は、2021年に上場した、比較的新しい仮想通貨で、YouTubeのスーパーチャットをはじめ、その他さまざまな配信サイトの「投げ銭」機能に活用されています。

その他では、大手企業との連携拡大や「NFT」や「DeFi」への対応と、この先の展望は明るいと思われます。

NFTとは

Non Fungible Token(ノン ファンジャブル トークン)の頭文字をとった造語で
「非代替性トークン」とも言われています。
「唯一無二の一点モノ」であることを証明するデジタル技術のことで、現在は主に、アート作品や、ゲームのアバター、アイテムなどで用いられています。

今後新たな活用方法が期待され、注目を浴びている技術です。

DeFi

Decentralized Finance(ディセントラライズド ファイナンス)の頭文字をとった造語で、「分散型金融」とも言われています。
ブロックチェーン上につくられた、分散型金融システムのことで、「金融機関を介さず、無人で金融取引を行う仕組み」のことです。

Braveを使用する事で自動的に仮想通貨「BAT」に投資ができる

私にとっては、この項目が非常に魅力的に感じました。
なぜなら、仮想通貨と言うのは、これからの時代を牽引していくものだと思うからです。

観覧した広告を毎月集計されたものが、仮想通貨に自動変換されるので、そのほかは何もしなくていーんです。

ですから簡単で便利。

自動的に資産運用まで出来てしまうと言う優れものとなれば、そりゃブラウザーをデフォルト設定にするでしょ?

ちなみに、9月後半から始めて、自動的に10円分の投資がされていました。

10月の記録です

以上がBraveによるBAT交換記録です。

広告を見て仮想通貨「BAT」を貯める設定方法

ブラウザー「BAT」の設定において、「Brave Rewards」というのをクリックし、「表示する広告の最大数」というのを最大にしておきます。 これで設定はOK!です。

PCとタブレットやスマホなどと同期できます。

その他では、ニュースの設定などができるので、お好みで設定してみてください。

わたし的には、ニュースはアイキャッチ画像は要らなくて、タイトルの箇条書きで良いんだけどなぁ。

ブックマークは、以前使っていたブラウザーから簡単に転送できますので、心配ご無用です。

BAT投資をする前に設定しておく事

ブラウザー「Brave」で貯めた仮想通貨「BAT」を自動的に資産運用させるためには、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

まずは、bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設をしておきましょう。

口座開設をしたら、ついでにクレジットカードも作っておきましょう。
スタンダードカードなら、支払額の5%が仮想通貨に投資する事ができます。

クレジットカードの作成は、bitFlyerサイトの左側にあります。

まとめ

仮想通貨に興味のある人や、ブラウザーが重たいと感じている人は、是非使ってみて下さい。
広告カットされる快適さと、自動的に仮想通貨投資ができる便利さに慣れると、やめられなくると思いますよ

クリック応援お願いします!
メールマガジン

メールマガジンでは「30代で家を買う為の豆知識」と題して、賃貸から購入に至るまでの不動産選びで失敗しない為のコツや、表では言えないお話などをお伝えしていきますので、少しでも興味のある方は、メルマガ登録の方をよろしくお願い致します。