不動産

土地を探しても見つからない理由

物件探しロゴ

なぜ、土地を探してもなかなか見つからないのでしょうか?
それは、1年以内に購入を検討されている方が多いからです。

お気に入りの土地を探すのは大変な作業です。

ニーズに適した物件を探すのは、簡単な仕事ではありません。

土地を探すのが難しい理由は、1年以内に見つけようとするからです。

購入に踏み切る前に、じっくりと時間をかけて、利用可能な選択肢をリサーチする必要があります。

例えば、立地条件など譲れない項目を書き出してみましょう。

そうする事で、どの様な場所が自分に適している場所なのかを把握する事が出来るからです。

  • 通勤通学で利用する「駅」が近い
  • 学校が近い
  • 病院・銀行・スーパー が近い

この様にして、最高の土地を見つけるためには、時間をかけることが重要なのです。

土地探しは10年くらいかける感覚がベストです

土地を購入する際には、時間をかけることが大切です。

なぜなら、最適な物件を見つけるには、ネット検索だけでは不十分だからです。

土地というのは、一生に一度買えるかと言われるくらい人生での大きな買い物ですから、その地域と地元の市場を調査する必要があります。

将来、周りに高い建物が立たないか?などなど。

このプロセスを急ぐと、数年後に自分の決断を後悔することになりかねません。

分かりやすい例としては、子供の成長と共にライフサイクルが変わっていくからです。

良い土地はすぐに売れる

土地探しに時間をかけることが重要なもう一つの理由は、良い土地はすぐに売れてしまうからです。

望ましい物件が市場に出回ると、すぐに買い占められるのが一般的です。

決断が遅いと、検討していた土地が他の買い手に売られてしまう可能性があります。

ですから、適切な土地を見つけたら、すぐに行動できるような計画を立てておくことが大切なのです。

極端な事を言うと、良い場所はチラシが出る前に抑えられている物なのです。

現に私は、口コミという地域情報をゲットし、その土地が売りに出されるのを虎視眈々と狙っていました。

そうした中、区画整理の図面が出来上がった段階で、場所を抑えたのです。

現地の情報収集が非常に大事です。

購入する土地の候補を調べる際には、その土地のことをできるだけ詳しく知っておくことが大切です。

そうすることで、十分な情報を得た上で判断することができるからです。

現地に足を運んで感触を確かめ、地元の人に話を聞くなどして、環境について理解を深める事で、その物件について、より深く理解することができます。

情報収集をしてこそ、気に入った土地に出会えるのです

この様にして、じっくりと時間をかける事によって、価格や地域柄や生活環境などを把握する事ができるので、気に入った土地に出会える事が出来るのです。

苦労して探し出した土地が、自分にとって正しい選択であることを信じてください。

地域、市場、その可能性を知ることで、自分の決断に自信を持つことができるからです。

土地を探しやすい時期と安く買える時期

実は、土地を探しやすい時期というのがあります。

その時期とは、経済危機が起こった時です。

近年の過去を見ると、約10年スパンで経済危機が起こっています。

例えば、リーマンショックやコロナショックが良い例でしょう。

この様な経済危機が起こった時には、必ずと言って良いほど、土地や建物が売られて行きます。

その時が買いのチャンスなのです。

まとめ

1年以内に土地を見つけるのはとても難しいです。

ですが、良い土地と巡り合う為には、時間をかけて地元とその可能性を調査し、適切な場所を見つけたらオファーを出す準備をすることで、あなたにとって最適な土地を見つけることができます。

経済状況などを読んで、行動に移す為には10年くらいをかけて、気持ちに余裕を持って探すくらいが丁度なのです。

クリック応援お願いします!
メールマガジン

メールマガジンでは「30代で家を買う為の豆知識」と題して、賃貸から購入に至るまでの不動産選びで失敗しない為のコツや、表では言えないお話などをお伝えしていきますので、少しでも興味のある方は、メルマガ登録の方をよろしくお願い致します。