クレジットカード

楽天カード・楽天銀行・楽天証券・開設はちょっと待った!

2021年現在においての金融系は「楽天」が最強ですね。

その理由は、楽天市場を筆頭に、
楽天カード・楽天銀行・楽天証券と連携させることができ、
全てが「楽天ポイント」で繋がれている所が要となっています。

この記事にたどり着いたあなたは、
きっと楽天関連の魅力から、
サービスを利用してみたいと思われている事でしょう。

そんなあなたに、
開設はちょっと待った!
と言いたいのです。

なぜなら、ポイントサイトを経由して開設すれば、
ポイントの二重取りができるからなんです。

そのまま開設しても「損」はしませんが、
どうせ開設するなら
少しでもお得に開設した方が良いじゃないですか。

そう思いませんか?

ポイントサイトに登録して、
そこから新規開設をすると言う
手間」はかかりますが、
その手間を惜しまずにする事で、
少しでもお得に手に入れることが出来るのなら、
すばらしいですよね!

カード・銀行・証券の新規開設は「ポイ活」でお得に

顧客囲い込みのために、
クレジットカード新規発行時には、
入会特典として、
たくさんのポイントがもらえます。

が、そこでもっと貪欲に
ポイントを稼いでいきましょう!

ポイ活って言葉を聞いた事がありますか?

ポイ活とは、「ポイント活動」の略で、
キャッシュレス決済や
ポイントサイトなどを活用して
ポイントをため、節約して
お得な買物を楽しむことを指します。

その中でも、ポイントサイトを通しての
クレジットカード発行は、
ポイントが高いので有名です。

中でも2月から3月にかけての
クレジットカード発行は、
ポイントが高くつく傾向にあり、
法人限定ではありますが、
クレジットカードを発行するだけで
57,000円のポイントがついた
事例があったほどです。

理由として考えられるのは、
一点集中型の予算分配かもしれませんね。

即時発行でお得にポイントゲット!

でもそんなこと言ったって、
年度末まで待てませんよね?

そこで、いつでも高額ポイントが狙える
ポイントの比較・検索ができる
サイトを使ってみましょう。

そのサイトは、Mark Point と言って
キーワード検索することで、一目瞭然で、
お得なポイントサイトを
見つける事ができます。

例えば検索窓に
「楽天カード」と検索してみて下さい。

中でもハピタス
高い還元率、手厚い保証面が売りで、
ポイントを交換する際の
「交換手数料が無料」
というところが魅力です。

これで、
ポイントの二重取りが成功しましたね。

この要領で「楽天銀行」や「楽天証券」の開設をしてみてください。

楽天カードの特徴

楽天カードの特徴は、
なんと言っても年会費無料というところです。

新規入会&利用キャンペーンは
常に5000ポイント以上で、
時期によっては7000ポイントや
8000ポイントになる場合がありますので、
チャンスを伺って登録しましょう。

中でも、2000ポイントは
通常のポイントとしてもらえるため、
投資信託にまわすのがおすすめです。

楽天カードは、
毎月のご利用額に対して
1%分のポイントが付きます。

ちなみに T-point がたまる
ヤフーカード(YJカード)は
1利用ごとに100円未満の端数が
切り捨てられるのに対して、
楽天カードは毎月の利用額合計に対して
1%分が付与されます。

したがって、ヤフーカードは、
毎月数ポイント~数十ポイントほど
獲得ポイント数が
少なくなる可能性があります。

最強なのは、
楽天カードとヤフーカードを二枚持つ事で、
お互いの弱点をカバーできるので、
時と場合によって使い分けるのが理想です。

本日の投稿は、
新規開設する時は、ポイントサイトを経由してお得に!
と言う事をお伝えしました。