情報収集 PR

相続した不動産の売り時は2023年

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年4月1日より、不動産の相続登記が義務化されます。
これは、所有者不明土地の解消を目的とした法改正によるものです。

現在、日本には所有者が不明な土地が約820万筆あるといわれています。
これらの土地は、税金の徴収や開発ができないなどの問題を抱えています。

相続登記の義務化により、所有者不明土地が減少し、これらの問題が解決されることが期待されています。

相続登記とは?

相続登記とは、相続人が亡くなった後に、相続人が所有権を取得するために行う登記です。

相続登記をすることで、相続人が不動産を売却したり、抵当権を設定したりすることができるようになります。

相続登記は、相続人全員の同意を得た上で行う必要があります。

相続登記の手続きは、司法書士に依頼するのが一般的です。

相続登記の義務化に伴う対策

相続登記の義務化に伴う対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 相続が発生したら、早めに相続登記をすること
  • 司法書士に相続登記の相談をすること
  • 相続登記費用を貯蓄しておくこと

相続登記は、相続人にとって重要な手続きです。
相続登記の義務化に伴って、相続登記の必要性や重要性がますます高まっています。

相続登記の義務化に伴う罰則

相続登記の義務化により、相続登記を怠った場合、罰則が科される可能性があります。
罰則の内容は、以下のとおりです。

  • 10万円以下の罰金
  • 3年以下の懲役

相続登記を怠った場合、罰則が科される可能性があるため、早めに相続登記を行うことをお勧めします。

相続放棄

相続放棄は、相続を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをする必要があります。
「相続を知った日=死亡日」というケースがほとんどです。

相続放棄は、財産全てを放棄する事になるので、負債から資産価値の高い財産の全てを放棄する事になります。

相続した不動産の売り時は2023年である

相続登記の義務化により、売却の動きが活発になってくる事でしょう。

そうなると価格競争に巻き込まれ、不動産を安く手放さなければいけなくなる事が予測されます。

そういった意味からも少しでも早く売却する事で高く売れる可能性が高まるのです。

相続は家族や親族が絡んでくる事なので、一日でも早く話し合いの機会を持つ事が重要となります。

そうは言ってもなかなか難しい問題でもあるので、まずは気軽に無料相談から始めてみましょう。

その道のプロに相談する事で、最善の回答が得られる事が期待できます。

\プロに相談/

無料相談する

家買うなら今?家づくりの秘訣を大公開!
家を買いたいけど、不安で踏み出せないあなたへ
メルマガ登録で、家づくりの第一歩を踏み出そう!【特典あり】
今すぐ登録して、マイホーム実現!

今すぐ行動を!

メルマガ登録




RELATED POST